FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
[キムチ] ブログ村キーワード

憂デス。
さぁ、さぁさぁさぁ、年に1度の大イベント
キムチ漬けがやって参りましたよ。

つーかね、こんぐらい気合い入れないと出来ないのよ(^_^;)
今年も家族 力を合わせ、美味しいキムチを作りましょー。

韓国人でも韓国系でもないのに、何故キムチを漬けるかって?
それは父の趣味だから(苦笑)それに巻き込まれてるのです。

今年、新たに巻き込まれたのは…

SPECIAL THANKS to “おかまちゃん。”

ちなみに去年の犠牲者はかりんちゃん(笑)

先日も書いたと思いますが
両親が白菜・大根の仕入に福島県会津へ。
茨城も白菜では有名ですが
どちらも、寒暖の差が激しい会津のものでないとおいしく出来ないそうで
ウチのこだわりでもあります。

さて、まずは下準備のことから。

仕入れてきた白菜を2日?4日、屋外に干します。
夜の寒気で凍らせたり、カラカラにしたり、霜に当てたりはしないこと。
※ウチでは夜は、白菜ちゃんに毛布を掛けておやすみなさい(^_^)/~

しんなりとしたら
白菜の漬け物を作るのと同じように
白菜と塩を交互に入れ、重石を載せます。

それから4日?6日後…
白菜から水がたっぷり出たら
白菜を取り出し、重石かけ、水を切って
下準備はOK。

※水を切ったらすぐにキムチに漬けます。


材料

材料

唐辛子3種<粗め、細かめ、粉末=パプリカ入り。色付に)>

塩辛3種<アミ、いかのキムチ、チャンジャ>

(下の3枚目の写真参照)

ごま するめ 昆布 鰹出汁 塩

リンゴ 柿(ドロドロに熟したものが良い)
缶詰 <桃 パイナップル>


お野菜. 大蒜はこの1.5倍 塩辛三種

下漬けした白菜 全て1/4にカット済み(水をよく切る)
大根 人参 せり にら 長ネギ 生姜 
にんにく
(写真の1.5倍も入れちゃいました。入れすぎ…)
青森産の芽止めしていないにんにく。
薬品を使っていないのでヘルシーですが、下準備がメンドイ…。

過去には“牡蠣”を入れたことも有りましたが
生臭さが気になると言うことで入れなくなりました。


作り方

大根、人参は千切り。
せり、にらは5,6cmに切る。
長ネギはてきとーな白髪ネギ状態に。

生姜、にんにく、リンゴ、柿は皮を剥いて
缶詰<桃 パイナップル>(シロップを使うと甘味のあるキムチに仕上がります。お好みで)
と共にフードプロセッサーにてピューレ状に。

フルーツの良い香りの中からにんにく臭という
あり得ない香りがします…

するめ、昆布は今回は切ってあるものを買ってきたので手間無し。
そのままのものだったら幅5mm長さ5cmに切りそろえる。

以上の材料を大きなタライ(洗濯につかうようなもの)に入れ
塩辛3種、ごま、塩を加え、唐辛子の粗めと細かめで辛さを調節する。
粉末の唐辛子を鰹出汁でよく溶き、色付けする。

※粉末のものは入れすぎると口当たりに粉っぽさが残ります。
  お気を付けあそばせ。


混ぜ混ぜ

“キムチのもと”の状態。
このぐらいの色が付けばOK。

ウチのキムチ奉行=父が“巻き”に入ります。

巻き込み だ、大事な時に限って…ピンぼけ…(T_T) 巻終わり

助手(今日はおかまちゃん。)が
“キムチのもと”に下漬けした白菜を投げ入れます。
奉行が白菜の葉の間にキムチのもとを“なすり”入れ
根元にもキムチのもとを巻き込んでから
葉先に向かってグルグル巻いていきます。


キムチ漬けてますけど、何か?


自分で作るのでいくらでも入れられるのが良い所。
精一杯の贅沢です

瓶やタッパーに入れていく時に隙間が出来ないよう
しっかり詰めていくのがポイント
父は若干、投げつけ気味にして空気を抜いているようです。

でも、あまり投げつけると、せっかく巻いた白菜が爆弾に変身します

出来上がり


ウチではいつも“パパかめ”“憂かめ”を作ります。
甘めが好きな父は塩を少なくしてしまうので
半分まで巻き終わったら、今度は憂は味見しながら
キムチのもとに塩を足します。
で、しょっぱ党の憂好みのキムチを作るのです。

キムチですけど、何か?



そのまま冷蔵して3日後くらいが食べ頃

続きを読むでは白菜10株分の材料の分量をお知らせします。

スポンサーサイト



人気ブログランキングへ
ランキング にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ
おねがいします

テーマ:日記 - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
全ての記事・画像の無断転載を禁じます。
Copyright © 2007 茨城グルメブログ, All rights reserved.

携帯アクセス解析