ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
ランキング にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ
おねがいします


[チョコ] ブログ村キーワード

憂でし。
昨日はあんなに雪が降るとは思わなかったのでびっくりしましたね
寒い寒い
イオン水戸に行ったら、ここぞとばかりの親子連れの多さにびっくりしてしまいました

さて、実食☆バレンタイン特集第6弾は
1月中にイオン水戸の<カルディ>で買えたコチラ!

リンドール


リンドール@リンツ・チョコレート

【リンツ】はスイスのチョコレートメーカーです。
1879年創業。チョコレートの歴史はHPにてお勉強できます
数年前からこの<リンドール>は評判がいいと聞いていたので
是非食べてみたいチョコでした。
日本で路面店は銀座のみ???買えないじゃん

そんなゆるゆるな私が、血眼になって探したわけは
「マンスリーよしもと」にてハリセンボンの春菜がこのリンドールのホワイトを紹介していたから。
(ブサイクランキングとかやっている吉本興業の月刊誌です。定期購読しております(笑)
もう、是非是非食べてみたくなりました。

あの「サロン・ド・ショコラ」でベストタブレット賞に輝いた板チョコの方は
<カスミ>で買ったことが有ったのですが
<リンドール>は見たことがなかったので、茨城では買えないのかな?
と思っていたのですが…
義理チョコの下見に<カルディ>に行ったらあるじゃない?
なんだ、こんなに簡単に見つかるんだ?

バレンタインにはハートの缶入りのものが出たりするのですが
この時点であったのは写真の3個いりのものと、袋に入った5個いりのものでした。
赤いほうが<リンドール・ミルク>
黄色いほうは<リンドール・ホワイト>

リンドール2


キャンディみたいなカジュアルなチョコ
ビジュアルもとってもカワイイデス

リンドール3


中身はこんな感じ。
2cmくらいの大きめのボール状のチョコです。

リンドール4


断面図。
切ってみると、中の柔らかいチョコの具合がよくわかりますよね?
このフィリングの精錬技術を生み出したのが
何を隠そう【リンツ】の創始者ロドルフ・リンツなのです

お味の方は、

うわ!!!美味しい

私、コレ、大好きですね。
単純明快な味で今回の特集の中でも1、2を争うお勧めです

<ミルク>の方はなかなかリッチな食べ応え。
大人から子供まで愛されそうな甘さのミルクチョコ。
噛めば中のフィリングのやわらかさにうっとり
チョコレート殻の口どけもよく、2層式チョコとは思えないほど滑らかです。

<ホワイト>の方も製法は同じのようですね。
中にとろとろのホワイトチョコ。
ホワイトチョコって苦手な方もいると思うんですが
コチラのものは雑味やざらつきが一切なく、牛乳くささもありません。

どちらもコクがあって、それなのにしつこくないチョコでした。
冷やして食べるといっそう外のパリパリ感と中のとろっと具合を味わえるそうですが
私は常温に戻して、あくまでどこまで滑らかなのかを味わうほうが好きです
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
ランキング にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ
おねがいします





■■最強アクセスアップツ-ル■■
>>>>アクセスゲート<<<<
上位入賞者に→高額賞金を贈呈!
http://acgt.jp/

ブログ・HP・プロフ
メルマガ等で登録可能です!

是非、無料登録をお願いします。
突然の書込み失礼致しました。
【2008/02/05 18:23】 URL | アクセスゲート #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
全ての記事・画像の無断転載を禁じます。
Copyright © 2017 茨城グルメブログ, All rights reserved.

携帯アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。